Web広告・SNS広告出稿代行– WEB AD・SOCIAL MEDIA AD –

Web広告をやらない理由が
本当に見つからない。

人々がインターネットに費やす時間は、増加の一途をたどっており、
広告費では既にテレビを追い抜いています。
今やWeb広告の活用は、ビジネスの成長を加速させるのに必要不可欠です。

Web広告コンセプト

ホームページは活用しなければ意味がない

せっかくよいホームページを作っても、多くの場合、それだけでは有効活用できているとはいえません。ホームページを作ったことで満足してしまい、肝心の「多くの人に見てもらう」ことが、なおざりになっているケースは意外と多いと思います。今やホームページはもっていて当たり前の時代。競合他社も、検索結果上位表示を狙って日夜改善を重ねています。そんな中にあって、自分のサイトだけが、ホームページ制作またはリニューアル後、すぐさま上位に表示されるかといえば、現実はそれほど甘くはありません。検索エンジンは、ユーザーの役に立つサイトを高く評価しますが、コンテンツを充実させたり、情報発信の積み重ねにより、徐々に検索エンジンからの評価が上がっていきます。つまり、それなりに時間がかかります。では、検索結果上位表示されるまでの間、待っているしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。業績をのばしている企業は「Google広告」「Yahoo!広告」「Instagram広告」などのインターネット広告を活用し、積極的にホームページへの集客を行っています。

「Google広告」「Yahoo!広告」「Instagram広告」などのインターネット広告を活用

結果を出す広告クリエイティブ

広告として表示する「テキスト」「画像」「動画」などのコンテンツを広告クリエイティブと呼びます。当社は、広告クリエイティブの内容を重視しています。広告配信設定はもちろん重要ですが、最終的なユーザーとの接点は広告クリエイティブです。広告・キャンペーンの目的を十分に理解した上で、結果につながるクリエイティブをご提案いたします。

広告とホームページの運用

広告のクリック率が低ければ、広告クリエイティブの内容・品質に問題があるか、選定キーワードや配信ターゲットが適切でない可能性があります。また、広告からホームページやLP(ランディングページ)に訪問してくれたユーザーのコンバージョン率(問い合わせや購入などの転換率)が低ければ、ホームページやLP、問い合わせフォームなどに改善の余地があるかもしれません。広告の結果を検証し、必要な改善を行うことで、広告の費用対効果を最大化していきます。

Web広告のメリット

即効性と確実性

SEOは重要ですが、ある程度時間がかかる上に、人気のキーワードなどで上位表示される保証はありません。それに対してWeb広告は、立ち上げたばかりのホームページでも、広告を開始したその日から目立つ場所に表示することができ、確実なアピールが行えます。

一等地・高効率・低価格

若年層を中心に、今やテレビを見る時間より、インターネットを利用している時間のほうが長いと言われています。世の中でもっとも見られている、言わば「メディアの一等地」に広告を出すことができます。また、基本的にユーザーがスマホやパソコンなどの画面を見たり操作している時にのみ、しかも興味をもっているユーザーに対してのみ広告が表示されるので、効率のよい広告が可能です。Web広告なら、例えば「5万円の予算で10万回の広告を表示」をするといったことが、普通にできてしまいます。非常にコスパの高い広告運用が行えます。

明確な効果測定

チラシやテレビ・ラジオCMでは、正確な効果測定は難しいですが、Web広告は、広告がクリックされた数、広告経由で注文された数などを、正確に把握することができます。さらに、効果の高いユーザーのデバイスや年代・性別などもわかるため、無駄な広告費の削減や、勘に頼らない広告戦略が可能になります。例えば、毎月10万円の広告費をかけていたとして、その広告が毎月100万円の売上や価値を生み出していることが明確にわかれば、その広告をやめるべきか、続けるべきかの判断に迷うことはありません。

Web広告のメリット

広告の種類

当社がお取り扱いしている広告の種類は、主に3種類です。

検索広告(リスティング広告)

検索広告(リスティング広告)イメージ
概要

テキスト検索を行ったユーザーに、テキスト広告を表示します。クリックに対して費用が発生します。

広告配信の
しくみ

「旅行」などのキーワードを指定するほか、広告を表示する条件を指定します。条件は「エリア」「年代」「性別」「デバイス」などを指定することが可能です。

広告の特徴

指定したキーワードで、実際に検索したユーザーに対して広告を表示するため、すでに商品やサービスに興味をもっている顕在層に対してアプローチできます。即効性や高いコンバージョン率が期待できます。

イメージ広告(ディスプレイ広告)

イメージ広告(ディスプレイ広告)イメージ
概要

画像のみ、または画像・ロゴ・テキストなどを組み合わせて、Webサイト、YouTube、アプリなど様々な箇所で広告を表示します。クリック課金のほかに、表示回数に応じて費用が発生するインプレッション課金があります。

広告配信の
しくみ

ユーザーがもっている興味や関心を指定することで、対象のユーザーが利用するアプリやWebサイトで広告が表示されます。興味や関心があるユーザーの判別は、Googleなどの広告サービス提供者により行われます。検索広告同様に、「エリア」「年代」「性別」「デバイス」などの条件で、配信先を絞りこむことが可能です。また「リマーケティング」とよばれ、一度サイトに訪問履歴があるユーザーに対して広告を表示させることが可能です。

広告の特徴

画像を用いることで、商品やサービスの魅力をビジュアルで伝えることができ、商品やサービスの認知拡大やブランディングにも有効です。検索ユーザーでなく、主にユーザーの興味や関心を元に広告を配信するため、競合他社の商品やサービスを検討しているユーザーに対してアプローチできる可能性があります。通常、検索・リスティング広告よりコンバージョン率が低くなる傾向がありますが、同時にクリック単価も比較的低くなります。リマーケティングにより、サイト訪問歴のあるユーザーに対し繰り返しアプローチできる他、リピーターに向けてキャンペーンを行うこともできます。

動画広告

動画広告イメージ
概要

YouTubeなどの動画サイト・アプリで、動画広告を表示します。視聴数に応じた課金と、クリックなどのアクションに応じた課金があります。表示場所により、大きく以下のように区別されます。

インストリーム広告YouTubeなど動画内で表示されます
インバナー広告広告バナースペースに表示されます
インリード広告Webページやアプリの記事の途中で自動再生されます
広告配信の
しくみ

ユーザーがもっている興味や関心を指定することで、対象のユーザーが利用するアプリやWebサイトで動画広告を表示します。興味や関心があるユーザーの判別は、Googleなどの広告サービス提供者により行われます。
検索広告同様に、「エリア」「年代」「性別」「デバイス」などの条件で、配信先を絞りこむことが可能です。配信方法は、ディスプレイ広告に似ていますが、広告が表示される場所は、動画サービスが中心になります。また「リマーケティング」は、自社サイトに訪問履歴があるユーザーに対して広告を表示させることができるほか、自社のYouTubeチャンネルの視聴履歴に基づいて広告を表示させることも可能です。

広告の特徴

動きや音声があるため、注意を惹きつけることができ、テキストや静止画とは比較にならないほど多くの情報を伝えることができます。潜在顧客に商品やサービスのストーリーを伝えることにより、認知拡大やブランディングに有効です。クリエイティブ制作費が他の広告と比べ高くなる一方、30秒再生されなければ費用が発生しない広告などもあり、運用は比較的低コストで行えます。

取り扱い広告

Google

Google広告

Google関連サービスやYouTubeのほか、Webサイトやアプリ全般に広告が表示されます。

  • 検索広告
  • イメージ広告
  • 動画広告
Yahoo!

Yahoo!広告

Yahoo!関連サービスのほか、Yahoo!が提携するWebサイトやアプリに広告が表示されます。

  • 検索広告
  • イメージ広告
  • 動画広告
Facebook・Instagram

Facebook広告・Instagram広告

Facebook、Instagramのほか、Facebookが提携するWebサイトやアプリに広告が表示されます。

  • イメージ広告
  • 動画広告

費用

初期費用35,000円~
広告予算50,000円~/月
広告管理費広告予算の20%

詳細なお見積りは、お打合せの上でご提示させていただきます。
ご予算に応じて柔軟なご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。